Youtubeが止まる!原因と対策をご紹介

お役立ち情報

「Youtubeを見ていると、頻繁に動画再生が止まる・・・」

 

とお困りではありませんか?

 

YoutubeやNetflixなどでの動画視聴は、ある程度の回線速度がないと動画再生が止まってしまいます。最近では動画だけではなく、生放送や生配信も人気が高いですが、動画同様に再生が止まってしまうこともありますよね。

 

動画や配信が止まる理由は回線速度が遅いからと思う人もいるかもしれませんが、それ以外の理由で遅くなっていることも多くあります。そこでここでは、動画視聴に必要な回線速度や、回線速度が足らないときの対策方法などについて紹介。

 

是非この記事を参考にして、快適な動画視聴を楽しみましょう。

 

Youtubeで動画が止まる理由とは

Youtubeで動画再生や配信が止まる理由は主に以下の3点が挙げられます。

 

  1. Youtube側の問題
  2. スマホ・タブレット・PC側の問題
  3. 回線速度の問題

 

それぞれ見ていきましょう。

 

Youtube側の問題

意外とよくあるのがYoutube側の問題の場合です。最近ではコロナウイルスによる影響によりYoutube利用者も増加しているため、Youtube自体が重くなることも多くあります。

 

基本的にこの場合はYoutubeの回復を待つしかなく、我々利用者は何も対処することができません。おとなしくサービスが回復するのを待ちましょう。

 

Youtube側の問題なのかの判断は、Youtube公式Twitterによるアナウンスや、SNSなどで利用者の利用状況で判断すると良いでしょう。

 

スマホ・タブレット・PC側の問題

スマホ、タブレット、PC側に問題がある場合もあります。利用するデバイスのスペックが低いと、動画の再生も難しく、カクカクしたり止まることがあります。

 

デバイスのスペックに問題が無くても、併用しているソフトの影響であったり、デバイスの調子が悪かったりすることもあるため、デバイス側の設定を見直すことで解決するかもしれません。

 

機器側の問題なのか見分ける方法は、他の機器や家族が動画を快適に再生できているかが判断基準になります。同じ回線を利用している中、自分の利用している一部の機器だけ速度が遅い場合は、機器側の問題である可能性が高いです。

 

回線速度の問題

最も多い原因が回線速度の問題です。利用しているWiFi環境やモバイル回線の速度が遅く、Youtubeの動画や配信を視聴する条件を満たしていないと動画の再生が止まることがあります。

 

回線速度は利用している曜日や時間帯によって差が出ることもあり、契約している光回線やモバイル回線による影響もあるため、何が問題で何を変えればいいのか判断することが難しいです。

 

回線速度の問題を疑う場合には、慎重に問題となっている原因解明に努めましょう。

 

Youtube視聴に必要な回線速度

Youtubeは、動画を再生する際に必要となる回線速度の目安を、画質別に公開しています。

 

動画の解像度推奨される持続的な速度
4K20Mbps
HD 1080p5Mbps
HD 720p2.5Mbps
SD 480p1.1Mbps
SD 360p0.7Mbps

 

4K解像度の動画も最近では増えてきましたが、まだまだHD画質の動画が主流です。そのため、1080pのフルHD動画に対応している多くの動画を視聴するためには、が5Mbps以上は最低でも確保できると快適にYoutube動画を試聴できるでしょう。

 

回線速度の計測方法

今現在の自分の環境の回線速度を計測するには、回線速度を計測できるアプリやサイトを利用しましょう。回線速度を計測する方法は幾つかありますが、最も手軽に測定できる方法は、速度計測サイトやツールを利用することです。

 

Googleなどの検索エンジンで「回線速度 テスト」「回線速度 計測」と検索すると、回線速度を計測してくれるサイトやツールがいくつも表示されます。これらの計測サイトを利用して、自分の回線速度がどの程度なのか計測してみましょう。

 

インターネット回線の速度テスト
ダウンロードスピードはどのくらいですか? FAST.comはお客様のISPスピードを数秒で測定いたします。

 

Youtubeが止まるときの解決策

Youtubeが止まるときにやってみたい解決策は以下の通りです。

 

  1. 画質を下げる
  2. 視聴する時間帯を変更してみる
  3. 回線速度を見直す
  4. パソコンやスマホの性能を見直す
  5. 重い場合は他のソフトを終了する
  6. 機器の電源を再起動する

 

画質を下げる

回線速度がどうしても足りない場合には、Youtubeの画質を下げてみましょう。画質を下げることにより、止まっていた動画の再生がスムーズに進むようになります。

 

画質の設定方法は、動画再生画面の右下にある設定ボタン(歯車マークのアイコン)を押し、その中から「画質」を選択すると画質を変更できます。

 

どの程度の画質が最適か分からない場合は、画質設定の中から「自動」を選ぶといいでしょう。

 

視聴する時間帯を変更してみる

普段は快適に試聴できているのに、特定の時間帯だけ快適に再生できないことがあります。格安SIMやポケットWiFiなどの回線を利用している場合は、時間帯によって回線速度が低下することがあります。

 

これは、利用者が多い時間帯に回線が弱くなってしまう現象によるものです。

 

お昼ごろや19時ごろの時間帯は比較的利用者が多く、速度が安定しないことがあるため、利用時間により速度が不安定な場合は、これらの利用者が多い時間帯を避けてYoutubeを視聴すると快適に動画視聴できるかもしれません。

 

回線速度を見直す

回線速度がどうしても足りない場合には、回線速度が遅い原因を追求しましょう。常に回線速度が遅い原因は主に以下のような場合です。

 

  1. 利用している回線が遅い
  2. 利用している無線機器が遅い

 

利用している無線機器が遅い

無線ルーターを利用している場合、無線ルーターが原因で回線速度が低下している可能性があります。無線ルーターの性能自体が低い場合や、経年劣化により本来の速度が出ず低速になっていることも。無線ルーターが原因である可能性が高い場合は、無線ルーターの電源を入れなおして見たり、いっそのこと新調してみたりするのも良いでしょう。

 

利用している回線が遅い

スマホ回線・パソコン回線など、現在利用している回線自体が遅い場合です。これらの場合は、契約している回線のプランで、より速度の速いプランがある場合はそれに変更してみたり、どうあがいても速度が遅い場合は回線自体を別業者に変更するというのも一つの手です。

 

通信速度改善ならOCN光がおすすめ!

回線業者を見直すのであれば、光回線の「OCN光」がおすすめです。

 

OCN光は月額料金3,960円から利用することができ、月間の通信容量無制限の最大1Gbpsで利用できます。

 

さらに、OCN光は次世代通信方式のIPoE(IPv4 over IPv6)接続に対応しているため、従来のIPv4のみの接続と比べ高速でインターネットが利用できます。回線業者はモバイルWiFiや光回線など多くありますが、OCN光は通信速度も速く安定していて、全国ほとんどのエリアで導入できる光回線なので安心して利用できるでしょう。

 

OCN 光申し込みサイト 豪華加入特典を最短2週間還元!
光インターネット回線なら会員数NO.1の「OCN 光」、実質月額3,213円~(12ヵ月間)!当サイト限定、最大30,000円キャッシュバックやパソコン、タブレット、PS4、Nintendo Switch、WiFiルータープレゼントなど選べるキャンペーン実施中!豪華特典を最短2週間でお届け。

 

OCN 光 Wi-Fiルーターキャンペーン
OCN 光の新規加入で、ご希望の方にもれなく、当サイト限定で最大867Mbps対応のIPoE(IPv4 over IPv6)無線LANルーターをプレゼントいたします。標準モデルの無線LANルーターもご用意しておりますので、用途に応じてお選びいただけます。

 

パソコンやスマホの性能を見直す

パソコンやスマホ、タブレットの性能が低すぎると、Youtubeなどの動画視聴もままならない場合があります。どんな機器でも、Youtubeの動画再生くらいできるだろうと思われるかもしれませんが、実は動画を再生するだけでもある程度の性能は必要です。

 

そのため、現在利用している機器の性能が低い場合は、機器自体がYoutubeの再生をすることが難しいのかもしれません。

 

重い場合は他のソフトを終了する

普段は快適に試聴できているのに、急に快適な視聴が出来なくなった場合には、他に起動しているソフトとの兼ね合いで動作が重くなっているのかもしれません。

 

このような場合、一度Youtube以外のソフトを全て終了して見ると良いでしょう。

 

機器の電源を再起動する

原因が不明の時は、とりあえずスマホやタブレット、パソコン、無線ルーターなど全ての機器の電源の再起動を試みましょう。原因が不明な場合、機器を再起動することでなぜか問題が解消することもあります。

 

無線ルーターの置き場所を変えてみる

無線ルーターは置き場所によって電波の届きやすさが変わることがあります。

 

以下の注意点を意識して見てください。

 

  1. 床以外の高い所に置く
  2. 窓際や部屋の角に置かない
  3. 窓の近くに置かない
  4. Bluetooth機器の近くに置かない
  5. 家電製品の近くに置かない
  6. 水槽やウォーターサーバーの近くに置かない

 

これらの注意点を見直すだけで、WiFiの受信のしやすさが大きく変わることもあります。

 

まとめ

Youtubeの止まる原因や改善方法について紹介してきました。Youtubeのような動画や配信が止まってしまう原因はたくさんあり、自分の環境や機器が悪いのか、Youtube側の問題なのかを判断しつつ対処する必要があります。

 

もしYoutubeに問題がなく、自分の環境を見直さないといけない場合には、ひとつひとつ確実に何に問題があるのか確かめていくようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました