マンションで使う光回線、回線品質が安定して速くて安いのはどこ!?

光回線

テレワークの普及や遠隔授業の推進、通信ゲームの高精度化や動画サービスの普及など、生活スタイルがここ数年で大きく変化しています。回線のスピードや品質を求めると、従来のADSL回線やポケットWi-Fiでは、対応が難しくなっています。

 

自宅で家族みんながネットを使う機会が増えてくると、回線品質が高く、使用容量制限が無い光回線が欲しい!というニーズが増えるのは必然です。

 

選択肢が多くある場合に、何を参考にして選びますか?通販で買い物をしようと思った時に、売れ筋ランキングを参考にする方は多いですよね。多くの人が選び購入する物には、やはり売れる理由があります。

 

全国に展開するNTT系の光回線サービスを提供する会社は数多くありますが、シェアNo.1は「OCN光」です。OCNが選ばれるのには、月額料金が安いだけで無く理由があります。

 

今回は、特にマンションで使う光回線なら「OCN光」をお勧めする理由を解説しながら、マンションで使う光回線を掘り下げます。

 

あなたのマンションはどのタイプ?

今住んでいる集合住宅に光回線を入れる場合は、現状を把握する必要があります。引っ越しを予定している方は、狙いを付けた物件がどういうタイプか把握すると、その後の対応が容易になりますし、これから選ぶ際の指針の一つにもなります。

 

インターネット完備物件

インターネット完備をウリにするマンションや集合住宅があります。インターネット回線が既に整備されていて、別途回線契約を結ばなくても入居したら即使える状態になっています。

 

ケースバイケースですが、接続に必要な機器も揃っている場合も有り便利です。別途ネット回線料として徴収するケースも有りますが、家賃に含まれている事も多いです。費用も手間も掛からない、このタイプはメリットが多く有りそうですが、一概にそうでは無い場合もあり、難しいところです。

 

懸念材料として最初に挙げられるのは、インターネット回線の速度です。光回線が導入されていない事も多く、元々遅い回線を入居者全体でシェアするタイプでは、さらに回線速度は悪くなる事が多くなります。また、既にネット回線が入っている物件では、回線品質に不満が有っても、新たな光回線を引く事は、多くの場合許されていません。

 

実際に回線が自分の使いたいニーズに合わない場合は、工事を必要としないモバイルルーター等の回線導入をするか、新たな費用負担を覚悟の上で引っ越すしかありません。

 

インターネット対応物件

これは、回線が電柱から建物の共用スペースに引き込まれた、回線機器が有りで、契約すれば容易に使える様になる状態と考えても良いです。

 

物件の相対的な価値を上げる為に、光回線を導入する物件が増えています。「光ファイバーがMDFまで来ている」と明記があれば間違いありません。MDFは配線を束ねている装置で、主に共用スペースに設置されています。

 

ただ、同じ光回線が来ていても、各部屋までへの回線は物件によって異なり、回線速度や品質は大きく異なります。

 

 

(出典:NTT東日本フレッツ光公式ページ*一部省略)

 

VDSL方式

比較的古いマンション集合住宅に見られる方式です。MDF内に有る集合型回線終端装置の先にVDSL集合装置が設置されていて、そこから各戸までは電話線に変換して回線を結んでいます。

 

各戸では、電話用モジュラージャックからVDSL宅内装置に入り、ルーターに接続します。

 

1Gbpsの光回線が来ていても、残念ながらこの方式での最大通信速度は、上りも下りも100Mpbsしか出ません。戸数の多いマンションでは、この方式で同時に回線使用者が増えれば、回線速度は一層落ち込むケースが多々あります。

 

LAN配線方式

ちょっと前に建てられたマンション集合住宅に多い方式です。MDF内に設置された集合型回線終端装置から、各戸にLANケーブルで繋ぎます。各戸ではLAN用のモジュラージャックが備えられ、ルーターに接続します。

 

こちらは導入された時代で、ケーブルが対応しているスピードが異なります。比較的新しい時代に導入されているケースでは1Gbpsの元回線に対して1Gpbsの速度が理論的に出る事も有りますが、古い時代に導入されている場合は100Mbpsの速度しか出ないケースも有ります。

 

光配線方式

新しいマンション集合住宅に増えている方式です。MDF内のスプリッタで振り分けられた回線は、そのまま各戸まで光ファイバーケーブルで繋がれて、各戸内に回線終端装置を設置します。

 

もっとも安定して速く、マンション集合住宅において現状はベストな方式です。1Gbpsの光回線が来ていれば、理論上安定して1Gbpsの速度が出ます。

 

簡単な見分け方として、「部屋に光コンセントの有無」を確認してください。光コンセントが有れば、光配線方式されている事に間違いありません。

 

インターネット未導入物件

インターネット回線が全く導入されていないか、ADSLのみ入っている物件も含みます。基本的にマンション集合住宅に光回線を引く場合には、共用スペースを使用するため、勝手に進める事は出来ません。

 

光回線を導入したい旨を、大家さんか管理会社に相談します。住居者1人のために、マンションの構造に手を加える事は難色を示す事が多いので、賛同者は多ければ多いほど有効です。

 

簡単に結論が出るケースは少なく、多くの時間を要します。これから引っ越す予定の方は、前述の様な回線が来ているマンション集合住宅をお勧めします。

 

もう一つの手段としては、共用部分を使用しない回線の「戸建てプラン」を導入する事です。これは、契約したい光回線業者が許可している場合と、していない場合があります。マンションタイプの契約よりも月額料金は高めですが、共用しないでダイレクトに入ってくる為、概ねマンションタイプよりも回線品質は上質です。

 

共用部分を使用しない事で導入するハードルは下がりますが、いずれにしても工事には、管理会社や大家さんの許可無くては進められません。

 

光回線サービス(FTTH)とは?

FTTH(Fiber To The Home)は、基地局から各家庭まで光ファイバーで繋がっている配線方式のことです。光ファイバーが何処まで繋がっているか?の形式を表す言葉で、各戸の光回線終端装置(ONU)まで接続しているFTTHは、他の形式と比較して最も通信速度が安定して速いと言えま

FTTHのメリットとして、通信速度が早い以外に、距離が離れていても速度に影響が少ない・殆ど低下しない事が挙げられます。

 

FTTHがマンションで享受出来るのは、インターネット対応物件であり光配線方式で各戸に繋がっている場合のみです。他の方式では同じ光回線でもFTTB・FTTCになり、回線品質の低下は免れません。マンションでも戸建てプランが導入出来れば、フルにFTTHのメリットを享受出来ます。

 

回線+プロバイダ

光回線を使用するには、回線の契約だけでは繋がりません。加えてプロバイダと呼ばれる接続業者と契約する必要があります。

 

多くの企業が鎬(しのぎ)を削る様に見える携帯電話の世界で、自社で回線・アンテナ設備を運用しているのは、docomo・au・SoftBankに最近加わった楽天モバイルのみです。光回線も様々な企業が有るように見えますが、光回線を設置保有している企業は、実はそれほど多くありません。

 

最も早くから光回線の整備を行い、全国に展開するNTTが東西合わせて7割弱のシェアを占めています。
NTTは、光回線とプロバイダを組み合わせて使用する、フレッツ光を提供しています。
フレッツ光回線だけNTTと契約しても、インターネットを使用することは出来ません。
加えて接続業者プロバイダと契約して、初めて使える様になります。

 

しかし、回線業者とプロバイダの2箇所で契約する事は、支払先も2箇所になる・トラブル時には2箇所に問い合わせする必要がある等の手間があり、ユーザーの利便性(ワンストップで対応出来る)を考慮して、NTTは積極的に接続業者に向けて回線利用を促進しています。

 

これはコラボ光と呼ぶもので、多くのプロバイダ業者が独自のサービスを提供しています。
コラボ光と契約することで、回線とプロバイダがセットになっていて、一箇所の契約でインターネットが使用出来るようになります。

 

プロバイダで回線品質は変わる?

理論上は、同条件で測定すればプロバイダの違いによって、光回線の通信速度に大きな違いは出ません。回線速度の大きな部分は、光回線の能力に大きく依存します。しかし、それならプロバイダは何処でもOK?と言う事にはなりません。

 

利用者数に応じた、設備の増強が適正に出来ているかどうか?は、光回線の安定性に大きな影響を与えます。安定性が欠ければ、使うユーザーにとっては速度が出ないという結果をもたらします。特に昨今の様に、光回線ユーザーが増加している状況では顕著に出ます。

 

NTTのグループ会社であるNTTレゾナントが運営する「OCN光」は、世界的なTier1 IPバックボーンを保有しています。Tier1とは、インターネットの品質を自らコントロール出来る世界規模の広帯域IPバックボーンを有するISPグループの事で、世界で数社しかありません。アジアでは唯一のステータス保持社です。

 

 

 

OCNは国内最大級のバックボーン
OCNは世界的なTier1IPバックボーン「NTTコミュニケーションズグローバルIPネットワーク」を世界レベルの技術陣が運用し、世界最高水準のインターネット接続サービスを提供しているため、国内最大級の品質と安心!

 

OCN光は、2020年9月発表のFTTH契約数シェアでも首位を継続維持しています。NTTの回線をNTTグループ会社プロバイダとセットで使う、大きな安心感があります。資本力があるため、適正な設備増強に対応する事が出来て、ユーザーの信頼に繋がっています。

 

 

 

(出典:MM総研)

 

ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2020年9月末時点) ≪ プレスリリース | 株式会社MM総研
■2020年9月末のFTTH契約数は3410.4万件で20年度上期純増数は103.6万件だった ■テレワーク等の需要がFTTH市場をけん引、上期純増100万件超えは2011年度上期以来 ■2020年度のFTTH純増数は188万件を予測、前年度の134万件を大幅に上回る見込み

 

信頼だけでは、長年トップを維持する事は出来ません。信頼を裏切らない品質の提供は当然ですが、それ以外にOCN光が選ばれる理由を見ていきましょう。

 

接続方式の違い

 

 

(出典:エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ公式サイト)

 

【初心者でも分かる】PPPoE方式とIPoE方式の違いとメリット|ICT Digital Column 【公式】NTTPCコミュニケーションズ
PPPoE方式とIPoE方式の違いを初心者にもわかりやすく解説しています。インターネットの速度低下にお悩みの方は、ぜ参考にしてください。次世代規格であるIPoE方式を採用すれば、通信速度が大きく改善する可能性があります。

 

インターネットの接続方式は、PPPoEとIPoEの2種類があります。

 

PPPoE

従来からある通信方式は、PPPoEです。PPPoEは、Point-to-Point Protocol over Ethernetの略で、電話回線の時代からある通信方式を、LANの規格であるイーサネットに対応させたものです。

 

接続方法は、IPv4(Internet Protocol Version 4)と呼ばれる、最も広く使われているインターネットプロトコルが現在主流です。世界中のコンピュータ識別番号であるIPアドレスは32ビットという32桁の2進数で形成される事で、約43億通りしか出来ません。インターネットに接続するコンピュータの増加により、対応が難しくなってきました。

 

そのため次世代規格の登場が急務であり、IPv4に変わる新規格がIPv6です。IPv6は、128ビットという128桁の2進数で形成される事で、事実上無限大とも言えるIPアドレスが作成出来ます。

 

 

 

IPoE

新しい通信方式が、IPoEです。IPoE は、IP over Ethernetの略で、当初からLAN規格(イーサネット)の利用を前提として構築されています。同じ回線を使っても、理論上の通信速度はPPPoEよりもIPoEの方が、10倍速くなります。

 

もちろん、最大理論値1Gbpsの回線では1Gbps以上の速度が出る事はありませんが、余裕がまるで違います。ユーザーは安定した速度と品質を享受出来ます。

 

IPv4はIPoE方式に対応していません。IPv6は、IPoE方式に対応するだけで無く、PPPoE方式にも対応しています。つまり、爆発的に増加するネット人口によって、現在の渋滞しがちなネット環境を改善するための次世代方式です。

 

回線速度・品質改善にIPv6 IPoEが有効

インターネットの速度や品質改善の手段として、「通信形式をIPv6 」「接続方式をIPoE」の導入が、大きな効果を期待出来ます。

 

光回線の速度低下の要因の一つとして、従来の「IPv4 PPPoE」を使った接続方式がもたらす、プロバイダのネットワーク終焉装置がボトルネックになっています。

 

次世代規格のIPv6 IPoEを使う事で、ネットワーク終焉装置を経由が無くなり、最大理論値の速度に近づける事が可能になります。

 

同じフレッツ光の回線を使用しても、接続業者プロバイダによってIPoEへの対応は、設定が無い・別料金が設定されている等、様々にあります。

 

OCN光は、IPoE標準対応していて、次世代の規格を誰でも享受出来ます。なるべく簡単に解りやすく書いてきたつもりですが、技術的な解説は専門用語も出さざるを得ず、どうしても難解になります。

 

ただ「良いですよ!」だけでは信憑性に欠けるので、ここまではOCN光の持つ本質の良さを、技術的な側面から解説しました。

 

でも、実際にインターネットを使うのに、そんな知識は必要ありません!手間無くサクッと使えて、やりたい事を快適に出来る、コストパフォーマンスが非常に高い光回線は「OCN光」であることを、これ以降は解説いたします。

 

OCN開通とことんサポート

もはや光回線は、ネットリテラシーの高い方だけのものではありません。光回線を契約しても、「実際に自分のパソコンと接続出来なかったらどうしよう・・・」「設置された機器の設定なんか解らない!」「メールの設定が解らない!」「せっかく光回線にしたのに、速度が出なかったどうしよう・・・」そんな不安を抱えて、光回線の導入に躊躇する方も多いと思います。

 

「全部、その道のプロにやってもらえたら、楽なんだけどなぁ」と考えた場合、今の日本で最も高くつくのはプロの人件費です。OCN光は、そんな常識も覆します。

 

OCN光は「OCN開通とことんサポート」を実施中です。OCN開通とことんサポートは、OCN光を申し込み頂いた方のご自宅を訪問して、初回に限りますが無料でサポートします。

 

OCN開通とことんサポート
OCN 光ならインターネット、OCNドットフォン、ひかりTVの接続設定を初回に限り無料で訪問サポートしてくれる「OCN開通とことんサポート」を実施中!設定などが不安な方もOCN 光ならサポートがあるので安心◎

 

「インターネット接続」「モデム、ルーター、スプリッタの設定」「ブラウザー設定(Internet Explorer、Edge)」「メール設定(OCNメール、Outlook、Windows8.1メールアプリ、Windows10メールアプリ)」を無料で作業する他、通話料が劇的に安くなるIP電話をご希望の方には、併せてその設定も無料で行います。

 

主な光回線プランの価格を比較

どれだけメリットが有っても、金額が高ければOCN光をお勧めしません。「大手のNTTグループだし、回線品質が高くてサービスが充実しているから高いんでしょ?」と、お考えになる方も多いと思いますので、主な光回線のプランと比較してみましょう。

 

マンションタイプ
(集合住宅)
月額料金(税込)
OCN光3,960円
ソフトバンク光4,180円
@TCOMヒカリ4,180円
ビッグローブ光4,378円
ニフティ光4,378円
ドコモ光4,400円
So-net光プラス4,928円

 

前述の「インターネット対応物件」マンション集合住宅で、NTTの光回線が来ているなら、容易に光回線導入が出来る、コラボ光の主なプランです。OCN光は最安値で、一般的に長期に使う光回線では、月額料金は大きなポイントです。

 

お住まいのマンションに光回線が来ていなかった場合、戸建てプランを検討する事になります。

 

ファミリータイプ
(戸建て)
月額料金(税込)
OCN光5,610円
ソフトバンク光5,720円
@TCOMヒカリ5,610円
ビッグローブ光5,478円
ニフティ光5,720円
ドコモ光5,720円
So-net光プラス6,138円

 

OCN光は、マンション集合住宅への「ファミリータイプ(戸建て)」導入も、多く実績があるので、是非ご相談ください。

 

携帯電話の料金も見直しで、通信費の合計料金がさらにお得になるケースも

大手キャリアに、携帯電話一台あたり6,000円から8,000円くらいの料金を支払っていませんか?昨今、携帯電話の料金体系が大きく変化しています。

 

「docomoのahamo」「auのpovo」「SoftBankのLINEMO」は月額3,000円を切る価格のプランを打ち出しています。

 

従来の価格から大きく下がった事は魅力たっぷりですが、データ容量は20GBです。光回線の普及と共に自宅Wi-Fiを使用すればデータ消費をしない事もあり、多くのスマホユーザーの外出時データ使用容量は3GB程度で収まっている事が大半で、1GB以内で収まる方も多くいらっしゃいます。そのため、20GBの容量プランはまだ割高と言えます。

 

OCN光とセット利用ができるOCNモバイルONEであれば、多くのケースで、今お使いのスマホをそのまま使えます。端末も驚くような価格で販売していますので、この機に新機種ゲットもお勧めです。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式

 

1GB/月で月額770円・3GB/月で月額990円・6GB/月で月額1,320円・10GB/月で月額1,760円です。

 

「docomoのahamo」「auのpovo」「SoftBankのLINEMO」は5分電話かけ放題がついています。OCNモバイルONEでは完全かけ放題のオプションも用意されています。時間無制限のかけ放題オプションを付けても、安くなりますね。

 

 

 

OCN光を導入するなら、携帯電話もOCNモバイルONEに変更しては如何でしょうか?
さらに、OCN光契約者は割引が受けられます。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式

 

1契約で220円の割引が受けられて、家族5人なら毎月1,100円の割引が受けられます。キャリアで契約している携帯電話料金が大幅に下がれば、光回線の月額使用料が丸々ペイ出来るケースも多くありそうですね。

 

OCN光の契約は当サイトからがお勧め

マンションで使う光回線なら,回線品質が安定して速い上に安い!「OCN光」を解説してきました。何処で申し込んでも、高品質なOCN光は同じサービスですが、受けられるメリットは様々です。お得にOCN光の契約をするなら、当サイトでの契約をお勧めします。

 

OCN光公式サイトから申し込む事も可能ですが、OCNの回線品質やサービスは全く同じで、公式メリットも同じように受けられます。だったら、別途特典の用意されている当サイトでの契約の方がお得です。

 

ただいま当サイトで申し込むと、最大60,000円のキャッシュバック等の豪華特典と選べるキャンペーンを開催中です。最短2週間で豪華特典、最短3ヵ月でキャッシュバックが適用されます。

 

キャンペーンの詳細は、以下のリンクを御確認ください。

 

OCN 光 キャンペーン一覧 最大60,000円の豪華加入特典
OCN 光の新規・転用・事業者変更のお申し込みで新品パソコン、タブレット、PS4、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) などのゲーム機、液晶テレビなどプレゼントまたは割引や最大60,000円のキャッシュバックなどお得なキャンペーンを実施中!もちろんOCN公式割引キャンペーンも併用可能◎

 

タイトルとURLをコピーしました